おがたろう。Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画『名探偵コナン 戦慄の楽譜』

<<   作成日時 : 2008/05/01 20:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、晴れていたが曇ってきた。
しかし、暑かったねぇ。
´´(;´ρ`A)アチィ・・・

北海道では、30度を超えたらしい。
関東や九州よりも北海道が暑いってどうよ…。
ゴシゴシ(-_\)(/_-)三( ゜Д゜) ス、スゲー!

さて、さて、さて、、、

GWのスタートといえば、この映画

名探偵コナン 戦慄の楽譜
を観てキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

今回の作品で12作目(12年目)で、干支を1周りしたねぇ。
(・∀・)チゴイネ!

しかし、ドラえもんの映画の場合、27作(たぶん)なので、
コナン映画もまだまだ続けて欲しい。

さて、今回のキーワードは”絶対音感”
『絶対音感』とは、音を聞いて、
それが何の音か?がすぐにわかる能力のこと。

オレは、観てすぐ犯人が誰なのか分かってしまった。
しかし、確信を持てなかったので、
後は、犯人の動機、犯人の背景に何があるのかを観ていたねぇ。

まぁ、阿笠博士のくだらないクイズと、アクションも楽しんだけどね。(笑)

でも、コナンの映画を観て思ったのだが、
これまでの作品を通して共通するテーマがあることに気付いた。

それは、『人やモノ(景観も含む)に対して思いやる気持ち(心)の大切さ』
の様な気がする。

人は、憎しみ、妬み、嫉妬、欲望などに支配されたとき、
「思いやる」という気持ちを見失ってしまう。
どんなに年をとってジジィ・ババァになったとしても、
その「思いやる」という気持ちだけは、
いつまでも忘れず、見失ってはいけないんじゃないだろうか。

映画の中でも唄っていたAmazing Graceでも、、、

Amazing grace,  how sweet the sound
That saved a wretch like me.
I once was lost, but now am found,
Was blind but now I see

素晴らしき神の慈愛 その甘い響きが
不幸な人間でさえ 救って下さる
いったんは道を見失っても 私にはもうわかる
見えていなかったものも 今ではもう見える

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画『名探偵コナン 戦慄の楽譜』 おがたろう。Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる