おがたろう。Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 『仮面ライダー電王』劇場版ファイナルに、佐藤健が…

<<   作成日時 : 2008/10/04 19:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、晴れて秋らしい天気だったねぇ。
思わず出かけてしまったよ。

さて、さて、さて、、、

仮面ライダー電王:
「最後はさみしい」劇場版ファイナルに
佐藤健が感謝のメッセージ 
初日舞台あいさつ


07年にテレビ朝日系で放送された特撮ドラマ
「仮面ライダー電王」の劇場版、
「さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン」(金田治監督)
が4日、全国東映系で公開され、東京・新宿の映画館バルト9で、
主演の桜田通さん、佐藤健さん、秋山莉奈さんらの舞台あいさつが行われた。
放送終了後も根強い人気を誇る「電王」の映画化は仮面ライダーシリーズ
最多となる3作目だが、これが最後の作品となるだけに、
電王役の佐藤さんは「これまでありがとう」とあいさつ、
会場を埋め尽くした女性ファンから大きな拍手を浴びていた。

佐藤さんは「オーディションから約2年間関わってきたことになるので、
最後はさみしい」と本音を漏らし、
「クランクアップの時は感慨深いものがあった。
ここまで支えてくれたファンの皆さんに感謝です」と一礼すると、
会場からは大きな拍手が起きた。
また、「デンライナー」の乗務員役の秋山さんは、
「これで最後かと思うと佐藤さんたちのあいさつがちゃんと聞けない」
と涙ぐむ場面もあった。

劇場版は、幽霊列車を追うモモタロスの前に、なぞの仮面ライダーが
立ちはだかる。しかし、正体は良太郎で、なぞのライダーに操られていた。
このピンチに時空を超えて駆けつけたのは良太郎の孫の幸太郎(桜田さん)で、
幸太郎は新たなライダー「NEW電王」となって悪と戦うことになる

まんたんウェブ
http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20081004mog00m200007000c.html

これだけ引っ張ったのは、平成ライダーとしては初めてなんじゃないかな。
映画は観に行きたいのだが、なかなか公開している映画館がない。
なんか、行きそうにもないところしか公開していないしなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『仮面ライダー電王』劇場版ファイナルに、佐藤健が… おがたろう。Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる