おがたろう。Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 「仮面ライダーディケイド」新しいアギトやクウガを…

<<   作成日時 : 2009/05/05 21:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、曇っていて、雨が降っていたねぇ。
子供の日っていっても、天気が悪いんじゃなぁ。

さて、さて、さて、、、

「仮面ライダーディケイド」
新しいアギトやクウガを


斬新な企画でファンを驚かせ続ける「平成仮面ライダー」シリーズ。
シリーズにかかわってきた東映の白倉伸一郎さんに話を聞いた。

−−シリーズ10年目に突入しました。

「平成ライダー」が長期シリーズとなって、本家のライダーを知らない人も
増えましたから、当初、昭和ライダーへの「アンチテーゼ」としての
「平成ライダー」を作ってきましたが、違う工夫が必要になってきました。
「平成ライダー」は、それぞれが前作品との違いを強調して、
独自の世界観を確立してきました。

−−平成ライダーは斬新なアイデアが満載ですね。

(シリーズで)特に「電王」と「ディケイド」は考え抜きました。
最初は設けた条件を満たすまで煮詰め、理詰めで考えていくんです。
「電王」の電車の設定の場合は、
「(仮面ライダーといえばバイクだから)ありえない!」となるんですが、
「逆に考えれば、電車ならばみんな驚くだろうな……」となるんです。
作り上げると妙になっていて、みんな困ったりするんですが、
理屈では合っているんですよ。

−−「ディケイド」は?

10年目の区切りの今だからできる企画です。
シリーズのキャラクターを「現在進行形」にして、
「新しいクウガ」や「新しいアギト」を提示したかったんです。

−−劇場版では、「ディケイド」と「電王」が共演します。

「ディケイド」は他の世界を訪問し、「電王」は他の世界になぐりこむ……
というイメージ。普通にやると両者がケンカするから、
製作は大変だったんですよ。少年が電車で冒険するというストーリーで、
映画を見て出たときに、見える景色が前と変わるような……。
そういう映画を目指しています。

−−読者にメッセージを。

仮面ライダーは、子供の心を忘れない人たちに作っています。
未来を作り、作品を見た人の未来がより良くなる……。
仮面ライダーはそうありたいと思っています。
我々もがんばるし、ライダーもそのために戦っています。
ぜひ「仮面ライダー ディケイド」とともに“旅”をしてください。

まんたんウェブ
http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20090501mog00m200067000c.html

電王の”電車”には、最初は大丈夫か?と思ったけど、
観ているうちに、こういうのもアリだな…って思うようになった。

電王にしろ、ディケイドにしろ、人は時を旅をしているのかもしれない。

その時々で、いろんな世界を巡ってきているのかもしれない。

しかし、未来を良くするのも、悪くするのも自分次第だと思う。

ただ、呆然としているよりも、戦うときには戦う必要もあるだろう。

平成仮面ライダーのテーマであったように、

「笑顔を守るために」、「人としての世界を守るために」、「夢を守るために」、
「未来を変えるために」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「仮面ライダーディケイド」新しいアギトやクウガを… おがたろう。Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる